モミジと苔

ベランダで愉しむ作り方と育て方

モミジ新葉広がる四月上旬

f:id:koke8:20200402154312j:plain

 

イロハモミジの実生苗に新葉が広がりました。

 

モミジの萌芽から新葉が広がるまで

モミジの葉の色は赤みを帯びています。

 

品種によっては真っ赤な葉になりますが

同じイロハモミジでも

それぞれ微妙に色合いが異なります。

 

写真のモミジの葉は

うすく赤みがかった黄緑です。

 

この時季の新葉の色は綺麗ですよ。

 

 

 

四月になりました。

今日は晴れましたが風が強いです。

もうすぐ二十四節気の清明ですね。

 

 

モミジ双葉から本葉へ2020

f:id:koke8:20200326160854j:plain

 

今年発芽したイロハモミジの実生苗は

双葉から本葉にかわりはじめました。

 

今年は3月3日に種まきとモヤシの植え付け。

 

モヤシとはモミジのタネが

冷蔵庫の野菜室で保存中に

発芽してモヤシになったもの。

 

モヤシになっていても

植え付ければちゃんと育ちます。

 

その1週間後の3月10日ごろには発芽。

 

koke8jp.hatenablog.com

 

発芽から2週間ほどで本葉がでてきました。

昨年と比べるとだいぶペースが早いです。

 

モミジのモヤシを植え付けた実生苗は

ひょろひょろしてなんだか弱弱しいですが

大丈夫、ちゃんと生長してくれるでしょう。

 

 

 

春分を過ぎました。

今日は穏やかな晴れ。

もすぐ四月ですね。

 

苔(コケ)の鉢三月中旬

f:id:koke8:20200318154810j:plain

 

三月に入り気温と湿度が上がり

苔(コケ)が勢い良く生長しています。

 

このモミジの鉢にこんもりと生えている苔は

ほとんどが綺麗な黄緑色になりました。

 

昨年の写真と比べると

苔がさらに盛り上がっているのがわかります。

 

koke8jp.hatenablog.com

 

そして固形肥料を置いた場所ですが

ひとつの穴はだいぶ苔で塞がってきました。

 

f:id:koke8:20200318154838j:plain

 

しかしながら

もうひとつの大きな穴は洞窟のようで

ちょっと塞がりそうにありません。

 

f:id:koke8:20200318154900j:plain

 

 用土を入れて穴を塞げば良いのかもしれませんが

このまましばらく様子を見ることにします。

 

二月上旬の写真と比べると

小さい方の穴はもちろんそうですが

大きな方の穴もやや小さくなっている

ようにも見えますので。

 

koke8jp.hatenablog.com

 

 

 

昨日は晴れましたが冷たい風。 

今日は穏やかに晴れて暖かです。

もうすぐ春分です。

 

イロハモミジのタネ発芽2020

f:id:koke8:20200313160507j:plain

 

イロハモミジのタネが発芽しました。

 

写真は3月3日にタネを蒔いてから

10日めの今日の様子です。

今年は1週間ほどで発芽しました。

 

今年のタネはモヤシになっていたものあり

そうでなくても発芽直前のタネもあったりで

発芽が早かったようです。

 

駄温鉢の方の双葉の苗が水やり後なので

倒れてぐったりして見えますが

乾いてくれば元気に立ち上がります。

 

茎が長い双葉はモヤシだったものですね。

モヤシへの覆土が少なめだったようです。

 まあ大丈夫でしょう。

 

いずれにしても

今年もちゃんと発芽してくれました。

タネは不思議です。

 

 

f:id:koke8:20200313160250j:plain

 

2番目の写真は発芽から2年経過した

イロハモミジの実生苗です。

 

いま一番新葉が開いている実生苗です。

順調に生長しています。

 

 

koke8jp.hatenablog.com

 

 

 

昨日は晴れ。

今日も穏やかに晴れましたが

天気は下り坂。

明日は冷たい雨で

真冬の寒さになりそうとのこと。

もうすぐお彼岸ですね。

 

イロハモミジのタネまき2020

f:id:koke8:20200303154844j:plain

 

イロハモミジのタネまき

今年は3月3日に行いました。

 

1番目の写真がイロハモミジのタネですが

既に半数ほどが発芽してモヤシ状態です。

 

冷蔵庫の野菜室に保存しておいた

イロハモミジのタネを袋から取り出して

包んでいた紙を開いたところです。

 

昨年はタネを包む紙の水分が少なすぎて

取り出した時にタネが乾いていたので

保存に失敗したかと思いました。

 

koke8jp.hatenablog.com

 

結果的には乾いたタネでも

ちゃんと発芽して育ってくれています。

 

しかし今回は

基本どおりタネを湿らせておきたいので

包む紙の水分を多めにしておきました。

 

するとやはり

タネはモヤシになってしまいました。

湿らせ加減が難しいですね。

 

でも大丈夫

タネがモヤシになってもちゃんと発芽します。

というか生長します。

  

f:id:koke8:20200306152142j:plain

 

2番目の写真が

今年タネを蒔いたというか

モヤシを植えた!?鉢の今日の様子です。

 

タネはもちろんモヤシにも覆土しましたが

早くもモヤシが土から顔を出して

上を向いて伸びはじめているようです。

 

モヤシは丈夫です。

 

f:id:koke8:20200306152013j:plain

 

そして3番目の写真は

昨年発芽したイロハモミジの実生苗ですが

根元に小さな双葉があります。

 

昨年発芽せずに残っていたタネが

2年目のこの春に発芽したようです。

 

遅れて発芽した双葉をみつけるのも

なんだか愉しいものですよ。

 

koke8jp.hatenablog.com

 

 

  

昨日は風が冷たい一日でした。

今日は穏やかな晴れ

そして明日は雨になりそうです。

 

モミジの萌芽始まる二月下旬

f:id:koke8:20200228154749j:plain

 

イロハモミジの萌芽が始まり

小さな新葉が開き始めました。

 

最初にモミジの新葉を見つけたのは

2月25日でした。

 

昨年の萌芽は三月上旬でしたので

今年はだいぶ早いですね。

 

暖冬の影響なのでしょうか。

 

他のモミジも萌芽が始まっています。

 

2年目、3年目のモミジ実生苗の

萌芽が比較的早いようです。

 

三月に入るといっきに萌芽が進むでしょう。

 

 

いよいよ来週はタネまきです。

 

 

 

昨日は寒い一日でした。

今日も穏やかに晴れましたが

気温は低いです。

来週は三月弥生ですね。

 

モミジの冬芽膨らむ二月下旬

f:id:koke8:20200221162958j:plain

 

イロハモミジの実生苗

2018年3月の発芽から

3回目の春を迎えます。

 

硬かった冬芽が膨らみ

萌芽が始まりました。

 

鉢に生え広がる苔も

状態は良さそうです。

 

もうすぐ

モミジのタネまきの時期です。

 

 

 

二十四節気の雨水を過ぎました。

今日は穏やかに晴れましたが

明日は春の嵐になりそうです。

 

苔の蒴、蒴、蒴、二月中旬

f:id:koke8:20200214152654j:plain

 

苔(コケ)の蒴柄(さくへい)が無数に伸びて

先端には蒴(さく)がたくさん膨らんでいます。

 

一月末頃に膨らみ始めた蒴が

二週間ほどでこんなに増えました。

 

koke8jp.hatenablog.com

 

他の鉢の苔にも蒴柄が伸びていますが

まだまだこの鉢ほどではないです。

 

この鉢は何かしら

苔にとって条件が良いのでしょうね。

 

 

 

昨日は雨の後、気温がぐっと上がりました。

今日は曇り空ですが四月上旬の暖かさです。

いよいよ花粉が本格的に飛散するとのこと。

 

©2012-2020 苔八(koke8)