モミジと苔

ベランダで愉しむ作り方と育て方

苔の蒴柄が伸びた一月

モミジの鉢植えに生えた 苔(コケ)から

蒴柄(さくへい)が たくさん伸びています。

 

f:id:koke8:20190111154450j:plain

苔(コケ)の蒴柄・一月

まだ一月なのに?

去年は二月中旬に紹介していますので

今年は蒴柄が伸びるのがだいぶ早いですね。

 

伸びた蒴柄の先端にできる蒴(さく)は

この鉢ではまだ膨らんではいませんが

他の鉢では蒴が膨らんできました。

 

苔の種類はこの際なんでもよいですが

写真の右上にある大きくて目立つ苔は

どうやらハイゴケのようです。

 

ハイゴケは苔玉にはよいですが

鉢の苔には大きすぎてあわないですね。

 

まあしばらくはこのまま様子を見ます。

 

 

ちなみにですが

一月から二月上旬までは

モミジ・カエデの寒肥の時期です。

 

固形の発酵油かすを置いた場所の

苔は消えてしまいますが

やむを得ないです。

 

寒肥は少なめにしておきました。

 

 

 

この時季らしい寒さが続いています。

晴れも続いて空気が乾燥しているせいか

インフルエンザが流行しているそうです。

ようやく明日は雨か雪?かもしれません。

 

©2012-2019 苔八(koke8)