モミジと苔・苔玉

ベランダ・室内で愉しむ作り方と育て方

イロハモミジのタネ発芽2019

イロハモミジのタネが発芽しました。

 

今年は保存していたタネが乾いてしまっていたので

もしかするとこの春には芽が出ないかもしれないと

不安を抱えつつモミジの発芽を祈っていたので

芽を見つけたときにはほっとしました。

 

f:id:koke8:20190323105122j:plain

(モミジのタネ発芽 2019.3.23)

 

発芽したタネの数は少ないですが

それでもいいです。

タネのパワーと自然の摂理に感謝です。

 

koke8jp.hatenablog.com

 

例年ですと

イロハモミジのタネを蒔いてから

2週間ほどで芽がでていましたが

今年は

3週間を過ぎてからの発芽となりました。

 

タネを蒔いた時にかけた土が

少し多めだったのかもしれません。

 

とにかく

今年もモミジの芽が出て良かった。

 

ちなみに

写真左側の小さなモミジは

昨年発芽したイロハモミジの実生苗です。

もう小さな新葉が開きました。

 

この時季のモミジ・カエデは

毎日どんどん新葉が開いて新梢が伸びますから

芽摘みをしないといけません。

 

将来の樹形をイメージしながら

まんなかの芽を摘んでいきます。

 

けっこう難しい作業なのですが

怠らないようにしないと

あっという間に伸びすぎてしまいます。

 

 

 

春分を過ぎ

桜の花が開きはじめました。

今日は冷たい雨で花冷え

明日からまた晴れて暖かくなりそうです。

 

©2012-2019 苔八(koke8)