モミジと苔・苔玉

ベランダ・室内で愉しむ作り方と育て方

真夏のベランダの山苔は

真夏の山苔

真夏の山苔の鉢植え

真夏のベランダという

過酷な環境に置かれた

山苔の鉢植えの様子です。

 

なんとか変色することなく

緑色を保っていてくれますが

ところどころ苔の先端に

小さな白い粒がついていて

傷みつつあるのがわかります。

 

残念ながら苔の美しさや瑞々しさを

感じることができる状態ではありません。

 

秋が来て涼しいくらいの気温になれば

また苔の状態は良くなるとは思いますが。

 

この山苔の鉢植えは

アラハシラガゴケ(粗葉白髪苔)を

深めのガラス容器に植えたもので

ずっとベランダで育てています。

 

ベランダでは

直射日光の当たらない明るい日陰に

プラスチック製で半透明の衣装ケースを

置いて簡易保湿容器として利用し

その中にガラス鉢を置いてあります。

 

湿度の高い時季は蓋は外しますが

ベランダの強風から守るためもあり

ほぼケース内に入れたままです。

 

それでも室内のテラリウムで

育てている山苔と比べると

状態は明らかに見劣りしますね。

 

強烈な直射日光による熱

強風による乾燥

エアコンの室外機からの熱風

などなどベランダという場所は

人にも苔にも過酷な環境です。

 

山苔を育てるのなら

簡単に苔の美しい緑を愉しめる

室内の窓辺での苔テラリウムを

おすすめします。

 

 

なんだか毎年まいとし

今年が一番暑いと感じるように

なってしまいました。

東京は記録的な猛暑だとか。

 

都会にはもっと

植物が必要なのだと思う。

 

©2012-2019 苔八(koke8)